ひとくちあゆ昆布巻

えびまめ

金ごまあゆ

赤こんにゃく

しいたけ旨煮

黒まめ煮

たてぼし貝やわらか煮

琵琶ます焼漬

ふな南蛮

近江牛ごぼうしぐれ煮

 
 
ひとくちあゆ昆布巻
ひとくちあゆ昆布巻
ひとくちあゆ昆布巻
ひとくちあゆ昆布巻
ひとくちあゆ昆布巻
ひとくちあゆ昆布巻

ひとくちあゆ昆布巻

594 (税込)
(5point)

↑ ↓

一口サイズの鮎を昆布の芯に用いた近江ならではの昆布巻。昆布は北海道産差棹前昆布を使用、柔らかくしっかりと昆布の風味が味わえ、1尾ずつ丁寧に素焼きした一口サイズの鮎との相性がよく合う一品です。

内容量:
90g
原材料:
鮎(琵琶湖産)、昆布、干瓢、醤油、砂糖、味醂、清酒、穀物酢、調味料(アミノ酸等)
原材料の一部に小麦、大豆含む
賞味期限
製造より60日間
冷凍:

ひとくちあゆ昆布巻き 原材料のこだわり

昆布は奥井海生堂の棹前昆布……棹前昆布とは昆布が成熟する前の早い時期(6月頃)に採取されたもので葉が柔らかく、厚さが薄いことが特徴。昆布独特の旨味や美味しさはそのままにとろけるような口あたりでお惣菜に向いています。

昆布巻の芯は琵琶湖産の天然の小鮎……小鮎は世界で唯一、琵琶湖にだけ生息する特別な鮎です。成魚でも10センチ以下のサイズで、香り高いため「香魚」とも呼ばれ小さくてもしっかりと鮎のほろ苦い香りと旨みが味わえます。

ひとくちあゆ昆布巻き 製法のこだわり

小鮎は、一尾ずつ丁寧に素焼きしています。昆布で巻いた後、水炊きし、さらに地醤油ベースで2〜3時間じっくりと炊き込みます。
昆布の旨みと素焼きした小鮎の旨みは、相性抜群。水産物の加工専門店として50年近く歴史をもつ弊社の、昆布巻で用いているこだわりの製法です。

たくさんのご好評をいただいております!

小鮎の昆布巻きはめずらしく、小さくても鮎のほろ苦さがあり昆布との相性はぴったりです。

account_circle T.Sさん(50代女性)
夫婦二人暮らしなので、色々食べられて量も丁度良い。常温で日持ちもするので、買い置きしておくといざという時に便利です。 account_circle K.Mさん(60代女性)
お皿に移し変えなくて、そのまま食卓に出せて大変使い勝手が良い。余っても蓋がついているのでそのまま冷蔵庫で保存できます。 account_circle S.Yさん(40代女性)

食材のこだわり

滋賀県が誇る湖・琵琶湖で捕れる小鮎や鮒、ビワマスなどの水産物、近江八幡の名産品である「赤こんにゃく」、滋賀県産の「丹波黒」や近江牛など、食材にこだわり選び抜いたもののみを使用した郷土料理のシリーズです。

製法のこだわり

「近江 朝おかず」シリーズを製造・販売する木村水産株式会社は、佃煮をはじめとする水産物の加工を専門に50年近くの歴史があります。その中で培われた製法と技術を用いて、近江に伝わる伝統の郷土料理の味を余すところなく再現しています。

簡単・少量・個食

「近江 朝おかずシリーズ」は、少量ずつの食べきりサイズになっています。
最新のレトルト殺菌・カップシール包装機により品質が劣化することなく60日の長期保存が可能なおかず惣菜の製造を実現しました。